つみきやはヨーロッパの木のおもちゃを中心にゲーム・雑貨を扱う福岡のお店です

  • TEL.092-737-0611
  • お問い合わせ
福岡県福岡市中央区天神1-7-11イムズ6F (MAP
営業時間/10:00~20:00 店休日/イムズ休館日

ONLINE STORE

ようこそ ゲスト 様

商品数:0

合計:0円

ブログ

おもちゃブログ

6月のおすすめ絵本

今回のおすすめは、福音館書店の世界傑作絵本シリーズから、ハンガリーの絵本です。

ラチは、世界で一番弱虫でした。
犬を見ると逃げ出し、暗い部屋は怖くて入れません。
そんなラチのもとに、小さな赤い‘らいおん’がやってきます。
ラチは「ちっぽけならいおんじゃ何の役にも立たないよ」と笑いましたが、実はとても強かったのです。
らいおんは言います。「君を強くしてやるよ」
小さならいおんが側にいてくれることで、ラチはどんどん強くなっていきました。
ある日友達のところへ出かけてみると、のっぽの男の子にボールを取られて、皆しょんぼりしていました。
「君がきても何もならないよ」と言われますが、ラチは平気です。
のっぽを夢中で追いかけ、とうとうボールを取り返します。
ラチは、お礼を言おうとポケットに手を入れますが、そこにらいおんはいませんでした。
ラチが走ってうちに帰ってみると、らいおんからの手紙が残されていました。

らいおんの手紙には、何のためにラチのところへやってきたのかが書かれてあります。

ラチは、らいおんと一緒にいる時間を通して自信を取り戻していきました。
らいおんが、初めてラチと会った時、大笑いされても気にしなかったように、ラチが、困っていた友達から期待されず、弱虫だと言われても「ぼくは弱虫じゃないよ」と言える程に成長しています。
らいおんがついていなくてもラチは強かったし、「誰も弱虫な子なんて、本当はいないんだよ」と、らいおんは教えているようです。

「ラチとらいおん」
マレーク・ベロニカ 文・絵
とくながやすもと 訳
福音館書店 1,100円+税 4才〜

このページの先頭へ