つみきやはヨーロッパの木のおもちゃを中心にゲーム・雑貨を扱う福岡のお店です

  • TEL.092-737-0611
  • お問い合わせ
福岡県福岡市中央区天神1-7-11イムズ6F (MAP
営業時間/10:00~20:00 店休日/イムズ休館日

ONLINE STORE

ようこそ ゲスト 様

商品数:0

合計:0円

ブログ

おもちゃブログ

4月のおすすめ絵本

ぞうのババールシリーズの、はじまりのお話です。

ババールは、お母さんのもとですくすく育ちますが、ある時森で、狩人から襲われてしまいます。
必死に逃げてたどり着いたところは、人間の街。
街で、ぞうの気持ちなら何でもわかるおばあさんに出会います。
ババールは、おばあさんの助けを得て、何不自由なく暮らします。
ですが心は寂しさでいっぱいでした。

2年経ったある日、ずっと会いたかったいとこたちが街へやってきます。
おばあさんと別れるのは名残惜しいけれど、ババールはぞうの国へ帰ることにしました。

一方ぞうの国では、王様が亡くなってしまいます。
そこへ帰ってきたババールといとこたち。
ババールは、そしてぞうの国はどうなるのでしょう。

子どもたちは、ババールのしていることを、ワクワクして見ることでしょう。

定規で引いたようなきっちりした線ではない、ゆるやかな描き方なので、動きがあって心が和みます。
そして無表情ともとれる目の”点”が、かえって愛嬌があっておかしくなります。
例えばデパートのエレベーターの場面では、表情には出ていませんが、「ふふふ面白い!」と、ババールの心が笑っているように感じます。
なにせ10ぺんも上り降りするのですから、相当楽しかったんだろうと思われますし、店員の気も知らず呑気に見えるのが面白いのです。

最後は、しっとりと幸せのうちに終わります。
ババールの世界へ惹き込まれてしまいますよ。

「ぞうのババール こどものころのおはなし」
ジャン・ド・ブリュノフ 作
やがわすみこ 訳
評論社 1400円+税 5才〜

このページの先頭へ