つみきやはヨーロッパの木のおもちゃを中心にゲーム・雑貨を扱う福岡のお店です

  • TEL.092-737-0611
  • お問い合わせ
福岡県福岡市中央区天神1-7-11イムズ6F (MAP
営業時間/10:00~18:00 店休日/イムズ休館日

ONLINE STORE

ようこそ ゲスト 様

商品数:0

合計:0円

ブログ

おもちゃブログ

11月のおすすめ絵本

子猫のぴっちにとって、周りのものはみな不思議で興味の対象です。

リゼットおばあさんが飼っている、動物たちの様子が面白くて、ぴっちはいろいろと真似してみたくなります。
にわとりや、やぎに。
でもその度に、ぴっちにとって嫌なことが起こるので、真似はやめになります。

次に出会ったあひるでは、自分には到底真似できないと思い知らされます。
助けられたぴっちが、次に出会ったのはうさぎたちでした。
うさぎたちに元気をもらったぴっちは、一緒にうさぎ小屋へ飛び込みます。
疲れてぐっすり眠ったぴっちが起きてみると、そこは、怖い外の夜の世界でした。
小さな鳴き声を聞きとったいぬのベロによって、リゼットおばあさんの知るところとなります。

さあそこからは、リゼットおばあさんをはじめ、動物たちが、どんなにぴっちのことを愛し、心配しているかがわかります。

そしてぴっちは気づきます。
ここが一番いいところ、だということを。

私たちは、経験してみて分かること(理解すること)がたくさんあります。
気づきを、こんな形(絵本)で表現するハンス・フィッシャーさんは素敵です。

「こねこのぴっち」
ハンス・フィッシャー 文/絵
石井桃子 訳
岩波書店 1,500円+税 4、5歳〜

このページの先頭へ