つみきやはヨーロッパの木のおもちゃを中心にゲーム・雑貨を扱う福岡のお店です

  • TEL.092-737-0611
  • お問い合わせ
福岡県福岡市中央区天神1-7-11イムズ6F (MAP
営業時間/10:00~20:00 店休日/イムズ休館日

ONLINE STORE

ようこそ ゲスト 様

商品数:0

合計:0円

特集

あんなコトこんなコトありました  〜2017年まとめ〜

あんなコトこんなコトありました  〜2017年まとめ〜

2017年度も残すところあと僅かとなりました。今年も色々なニュースや出来事がありましたね。皆さまにとってはどんな一年だったでしょうか?

さて、残り僅かという事で2017年に話題になった商品や、つみきやの思入れが強い商品などを一挙に紹介致します。実店舗もありますので、お子さんお孫さんとご来店いただき、実際に手を取りながら魅力を感じていただければ幸いです。

目次

将棋の藤井四段が幼少期に遊んでいたことで人気が沸騰したビー玉転がし「キュボロ」

皆さまの記憶にも新しいのではないでしょうか?今年は最年少プロ棋士・藤井聡太四段の快進撃に目をみはるものがありましたね。公式戦連勝記録は歴代最多の29連勝。しかもプロデビュー以来の連続無敗記録というのは凄まじい記録です。

そんな藤井四段が3歳の頃から遊んでいたおもちゃとして人気が沸騰したのがスイス生まれの立体ビー玉転がし「キュボロ」です。1月のテレビ放映を皮切りに、メディアで度々取り上げられたことをきっかけに全国的に品切れ状態が続いています。近いところでは9月24日(日)『林先生が驚く初耳学!』(TBS系列)でもキュボロが紹介され、再び注目を集めています。

キュボロは5cm四方の立方体のブロックで構成され、それぞれに異なる溝や穴が加工されているのが大きな特徴です。手と頭を使いながら、どういうふうに溝と穴とを組み合わせれば上手くビー玉が落ちるコースを作れるかを考えて組んでいきます。溝に傾斜はないため、ビー玉は上から下へと落ちる重力だけで進みます。そのため、溝の上を進む距離もある程度計算しなければいけません。こうしたコース作りにおける幾多の試行錯誤は藤井四段の「直感力」(自分の中で蓄積された経験から瞬時に答えを導き出す能力)を育む上で大きな土壌となったであろうと考えられます。

大人も夢中にさせるこのビー玉転がしは、世界中に熱狂的なファンを持ち、1986年の発売以来30年以上に亘って、高い評価と支持を得ています。

キュボロ・スタンダード(税込¥34,560)
※現在品切れ中。ご予約いただいても入荷は2020年春以降になります。

つみきやオリジナルのビー玉転がし「コロロ」が各地で評判!

今年はつみきやのオリジナルビー玉転がし「コロロ」が大いに活躍する一年でもありました。佐賀県武雄市にある佐賀県立宇宙科学館ゆめぎんがで毎年開催されている「ビーコロ展」(ビー玉転がしの装置が一同に会する全国的にも珍しい企画展・3月〜5月開催)の展示作品に採用されたり、東京おもちゃ美術館が全国的に開催している、木のおもちゃの出張体験イベント「木育キャラバン」(主催:日本グッド・トイ委員会)のおもちゃに採用されたり・・・それから、多くの学童保育所、小学校でも活用され、各施設で評判のようです。たくさんの子どもたちに喜ばれているようで作り手として嬉しい限りです。

そんな「コロロ」ですが、パズル的要素を強めた新タイプ「コロロ ステップアップ」を11月に発売。こちらは20cm四方の木枠の中で、ビー玉がスタートからゴールまで転がるようにコースを組んで遊ぶビー玉転がしセットです。木枠の中でコース作りができるパーツで構成されており、場所を取ることなく、コンパクトに遊べることに加え、パーツが並べやすく、ずれにくいことも大きな特長。6個のパーツを使ったコースから、9個、16個、25個と、その名の通り、ステップアップしながらコース作りを楽しめるようになっています。

コロロ(税込¥8,000)

コロロ ステップアップ(税込¥8,640)

つみきやが「カプラ」高さ積みの日本記録にチャレンジ。13m20cmの新記録を達成!

つみきやにとって今年一番の大きな催しが、7月9日(日)に天神イムズ館内で開催したイベント「目指せ!カプラ高さ積み日本記録」です。このイベントにおいて、当店はカプラ高さ積みの日本記録に挑戦し、おかげさまで日本新記録を達成することができました!

2017年2月人気ダンス・ヴォーカルユニット「GENERATIONS」の達成した日本記録13m15cmを5cm更新する、13m20cmでの日本新記録認定でした。ちなみに九州では初の日本記録更新、記録達成時間3時間40分は最速だそうです。

当日は午前10時からチャレンジをスタート。チャレンジは容易いものではありませんでした。何度か途中で崩れ、15時前には12mまで積んだところで崩れてしまいました。あともう少しというところで崩れてしまいましたから、ショックも当然ありましたが、私たちはすぐに再チャレンジをするべく、高さ積みの新たな土台作りを始めました。ここであきらめるという気持ちは全くありませんでした。“何としても日本記録を超えたい”。必死でした。そうして挑んだ最後のチャレンジで18時半過ぎに達成。
どんなことでも挑戦する限り、可能性はゼロではなくなります。少しでも可能性があるのなら、失敗を恐れずやってみること。私たちのチャレンジから、そのような挑戦することの大切さを感じていただけたら幸いに思います。
カプラはこのようにタワーにして高く積むこと以外にも様々な造形を作り出せることから、魔法の板とも呼ばれています。1:3:15という比率のワンサイズの板なのですが、それだけに自由度がとても高いのです。また、考案者であるオランダのトム・ブリューゲン氏がピアノの調律師をしていたこともあり、音にも相当なこだわりを持って作られており、崩れる時のカラカラという軽快な音は川のせせらぎに近い癒し効果のある波形である、という徹底ぶり。この”音”によって、作る楽しさだけはなく、壊す楽しさも創出しています。

カプラ 200ピース(税込¥9,180)

テレビで東大生が紹介したことがきっかけで人気に火が付いたカードゲーム「ナインタイル」

8月29日(火)クイズ番組『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系列)にて、番組のクイズ制作にも携わっている東大生の松村亮吾さんが、勉強の合間の息抜きに遊んでいると紹介したことがきっかけで一気に人気に火が付きました。
さて、そのナインタイル。名前の通り、9枚のタイルがあるのですが、表と裏には別々のマークが描かれています。マークは全部で6種類。これを入れ替えながら、お題のパターン通りに正しく並べます。4人まで遊べますが、特に自分の順番はなく、一斉に始めて誰が一番早くできるかを競います。スピードも肝心なんですね。

タイルの表裏のマークを記憶する力、それをどう入れ替えれば効率良くお題のパターンへ展開していけるかを頭の中で想像する力、論理的に思考し判断する力、また、その中でひらめきを生み出す発想力・直感力も同時に育まれるゲームです。特に直感力は、前述したように将棋の藤井四段が「キュボロ」で養ったとされる力。東大生が推薦するのも大いに頷けます。
ルールはとても簡単なので、誰もがすぐに遊べる手軽さがあり、一人でも時間内でどれだけできるかチャレンジするなどして遊べる点も優れています。手を動かしながら考えるので、お子さんだけでなく大人の脳トレにも最適です。

ナインタイル(税込¥2,376)

つみきや初のオリジナルカードゲーム「さくらのきのぼり」販売個数1000個達成!

昨年12月に発売した、つみきや初のオリジナルカードゲーム「さくらのきのぼり」の販売個数が1000個を超えました。大変ありがたいことに保育園や学童保育所を中心に小学生の間で人気を集めています。
さくらのきのぼりは、高いところから見る景色が大好きなおさるのさくらが世界中のいろんな木に登る、という物語。ゲームに出てくる木はセコイア、ヤシの木、バオバブ、モミの木。世界中ばらばらに設定したのは子どもの好奇心が世界のいろいろな場所に向くと嬉しいなという考案者・原田圭悟の想いから。イラストレーターの大野智湖さんによる、温かみのある素敵な木や動物たちのイラストはその世界観を見事に表現してくれています。

遊び方はシンプル。自分の番になったら山札からカードを一枚めくるだけ。そうして根っこ、幹、てっぺんから成る木を完成させた人がそのカードをもらえます。山札が無くなった時、より多くのカードを獲得していた人の勝ちです。運のゲームのため、4歳くらいの小さなお子さんから遊べ、年齢差があっても手加減することなく対等に遊ぶことができます。

ちなみに主人公の女の子さくらという名前は福岡市南区にある桧原桜から命名しています。

さくらのきのぼり(税込¥1,350)

つみきやオリジナルゲーム第2作「ドーミー」発売!

「さくらのきのぼり」に続く、つみきやオリジナルゲーム第2作「ドーミー」を8月に発売しました。プレイヤーは四角、丸、星、クロスの4種類のマークから自分のマークを1つ選び、そのマークを出来るだけ長く繋げることを目指します。やることはたった一つ。袋の中からドミノ板を1枚引いて並べるだけ。

すべて並び終えたら自分のマークがつながっているところ(斜めも可)を数えます。桜のマークはすべての人が自分のマークとして数えられます。一番長くつながっているところだけが点数になります。1個1点で計算し、点数が高い人の勝ちです。少し高度なアレンジルールもあります。

戦略性はありますが、運によるところも大きいため、実力差がそこまで出ず初心者でも勝てるようなゲーム設計になっています。適度にわかりやすいルールですので、ちょっとした空き時間にご家族や友人同士で気軽に遊べます。また、ドミノ板を使ってのドミノ遊びや積み木遊びにも活用できます。

発売以来、子どもから大人まで世代を問わず、楽しんでいただいています。

今後も新たなつみきやオリジナルゲームの開発は進めていく予定です。次回作にもご期待ください。

ドーミー(税込¥1,620)

 

以上、2017年を振り返って、話題になった商品とつみきやの思い入れの強い商品の紹介でした。2018年度も皆さまに応援されながら、様々なことに挑戦できればと思いますのでよろしくお願いします!

このページの先頭へ