イベント情報

絵本を考える会 2016・6月+レポート

日時:2016年6月10日(金)11:00~12:00 場所:つみきや イムズ6階 会費:200円 講師:井上 良子さん (「子どもの本や」主催) 対象:大人、親子さん *要予約ーつみきやへ電話(092-737-0611)かメールで、前日17時までにお申し込みください。ケータイにはつみきやからの返信が着信できるように登録しておいてください。 今回は「ひとまねこざる(H・A・レイ作)」シリーズについてです。 どの子も大好きな絵本の一つにひとまねこざるシリーズがあります。アニメとしてテレビでも放映されており、馴染みのあるじょーじの話ですが、H・A・レイ夫婦が書いた絵本は6冊だけです。色々と出版されているジョージの話と違いを比べてみましょう。 event246_1

○会を終えて(2016-06-15追記 スタッフ津村)

6月10日(金)に開催した「絵本を考える会」には大人の方2名にご参加頂き、盛況のうちに終了しました。ありがとうございました。 今回は「ひとまねこざる」シリーズ(作・絵 H.A.レイ)をテーマに、講師の井上良子さん(子どもの本や主宰)にその魅力についてお話し頂きました。 event246_2 「ひとまねこざる」とは黄色い帽子のおじさんによってアフリカから大都市ニューヨークに連れて来られた、「じょーじ」という名前の知りたがりやで人の真似をしてあれこれやるのが大好きなおさるのお話です。 event246_3 「根底に描かれているのは子どもらしい好奇心。好奇心は創造の源であり、創造力を持った子どもになってほしいという作者の願いと愛情がこのじょーじの物語には込められています」と井上さん。 event246_4 しかし、好奇心が旺盛であればあるほど、失敗はつきもの。じょーじもたくさんの失敗をします。井上さんはその点について「失敗をしてもそれを周囲の大人が頭ごなしに叱ったりはせず、きちんと叱っています。それはじょーじのことを子ども扱いしないで、認めているからこそ出来ることです。また、失敗は知らないから失敗するのであって失敗自体は悪いことではありません。そのことがじょーじの世界では描かれています」とおっしゃっていました。 その通りだと私も思います。失敗を恐れては何も出来ません。多くの失敗をして人は成長していきます。子どもが安心して失敗できる世の中を作っていくのが大人の役割なんだと考えさせられました。 event246_5 その他にも井上さんには貴重なお話を色々として頂きました。参加者の方からも様々な意見が飛び交い、非常に有意義な会でした。「今日は来てよかった」と嬉しい感想も頂きました。 「絵本を考える会」では毎回とても良いお話が聞けます。次回も開催を予定していますので、ぜひご参加頂ければと思います。詳細はまた決まり次第、ご報告させて頂きます。

その他のイベント情報

遊び場(トライアル)2022・2月
ちょっぴり大人のゲーム会 2020・3月【イベント中止】
子どもゲーム会 2020・3月【イベント中止】
絵本読み聞かせの会 2020・3月【イベント中止】
←前の記事 イベント情報一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる