スタッフブログ

Er ist wieder da.

*タイトルに意味があります。お時間ありましたらぜひ最後まで読んでみてください。 こんにちは。スタッフの宮﨑です。 先日とても面白いものが入荷しましたのでご紹介いたします。 「jig doll(ジグドール)」¥4320(税込) こちらは板の上で軽快に踊る木の人形です。 日本では知っている方も少ないのでは?と言われていますが実は19世紀からヨーロッパの通りで楽しめるエンターテイメントとして現在まで楽しまれているものになります。 販売は木の板と一体の人形のみですが15セットも入荷しましたので並べて撮影してみました。いかがでしょう? IMG_0898 IMG_0899 IMG_0901 なかなかインパクトのある絵となりました(笑) 19世紀のころから今の「jig doll」の形があったと言いますから、顔がないのが多いようです。自作で作られているものは顔があったりより動きやすいよう工夫されているものも多数あるようです。 表情を自分たちで想像出来ながら楽しめるので私は顔無しが好きですが、顔を自分たちでつけてみても楽しいかもしれません。 今回のタイトルを見て「ん?」と思った方もいるかと思いますが、2つの理由からつけました。 1.実はこの「jig doll」昔ネフ社が「ミスターステッパー」として販売していたものでもあり、店主は気に入っていたのですが大分前に廃盤となってしまっていました。 それが今回ご縁があってアメリカより入荷出来るようになったのです。 2.スタッフみんなでこの話をしていたときに、ちょうど同じタイミングで今上映されている映画「帰ってきたヒトラー」の原題で「Er ist wieder da.」というのが書かれているという話題になりました。ドイツ語で「帰ってきた」という意味です。 そこから「帰ってきたミスターステッパー」ということでこのタイトルをつけさせていただきました。 長々と説明になってしまいました。(笑) 実際にスタッフみんなでやってみてコツを掴むのになかなか練習が必要だと感じましたが、出来てしまえばみんなで盛り上がれる楽しいおもちゃです。 やる時にケルト音楽をかけて行ないましたが音楽があったほうがより盛り上がります。 やり方はこちらで説明するよりも動画で見て頂いた方が分かりやすいと思います。 YouTubeで「jig doll」と検索するとたくさんの動画が見れます。 ちょっと変わったものもあってとても面白いのでぜひご覧になってください。

その他のスタッフブログ

福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
久々の積み木イベント
久々の積み木イベント
スタッフ間勉強会「スギとブナの比較」
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる