スタッフブログ

11月のおすすめ絵本

みなさん、ピーターラビットはご存知ですか? いたずら好きで好奇心旺盛なうさぎのピーターラビット。 絵本「ピーターラビットのおはなし」は、5歳の子どもに宛てた絵手紙がきっかけで生まれ、その後次々とお話が出版されていきます。 今年は、ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの生誕150周年になるそうです。国内の5つの会場で順次『ピーターラビット展』が開催されており、この時期は福岡の県立美術館でご覧いただけます。(〜12月11日(日)迄開催) 11月のおすすめ絵本はこれにちなみまして、ピーターラビットシリーズの中でもより幼い子ども向け(3歳ころから)に創作された3冊を紹介します。 「こわいわるいうさぎのおはなし」  ビアトリクス・ポター  さく・え  いしいももこ  やく       700円+税  福音館書店 わるいうさぎが いいうさぎの人参を黙ってとってしまいます。そこへ猟師がやってきて鉄砲をかまえてずどん。 わるいうさぎではあるけれど……ほっと胸をなでおろす終わり方です。 このお話は、「ピーターラビットはいい子すぎるから、本当に悪いうさぎの話が読みたい」という子どもの願いに応えて創作されました。(表紙カバーそでの文中より) IMG_1671 「モペットちゃんのおはなし」  ビアトリクス・ポター さく・え  いしいももこ やく       700円+税  福音館書店 子猫のモペットちゃんは、ねずみにからかわれるので仕返しをしようと考えます。うまくいったと思ったら…。 モペットちゃんの愛嬌のある表情が微笑ましい絵本です。 IMG_1672 「ずるいねこのおはなし」  ビアトリクス・ポター さく・え  まさきるりこ やく       700円+税  福音館書店 お茶によばれたねずみさん。でも自分が食べられるとわかると、すきを見て反撃します。 それぞれのその後まで描かれて、一件落着です。 IMG_1669

その他のスタッフブログ

福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
久々の積み木イベント
久々の積み木イベント
スタッフ間勉強会「スギとブナの比較」
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる