スタッフブログ

1月のおすすめ絵本

福音館書店から出版されている日本傑作絵本シリーズの一冊です。 同じ音が多く使われていて、まるで早口言葉のように何度も言ってみたくなります。 例えば「やんまにがした ぐんまのとんま〜」、ここでは「ま」が沢山でてきて、調子よく読むことができます。 また、聞く側も思わず繰り返し言ってみたくなるものばかりです。 3才からのおすすめとなっているように、意味がわからないことは問題ではなく、音のリズムを楽しんだり、いつの間にか口ずさんだりして、ことばであそぼうという絵本です。 また、この絵本は字も絵も手描きでとても魅力的です。 使われている色は原色ではなく、朱色や翡翠(ひすい)のような和の色が用いられています。 表紙には、動物たちが剣玉や太鼓、独楽など日本の伝統的な玩具を手に私たちを待っています。 さあ、あなたはどの詩が気になりますか。 「ことばあそびうた」 谷川俊太郎 詩 瀬川康男 絵 福音館書店 刊 3才〜 1000円+税

その他のスタッフブログ

コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし」vol.4】
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし」vol.4】
三浦木地訪問記
三浦木地訪問記
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし」vol.3】
「さくらの大冒険」のアレンジルール紹介
「さくらの大冒険」のアレンジルール紹介
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる