おもちゃ特集

なぜ、ボードゲームで遊ぶと人は仲良くなれるのか?

なぜ、ボードゲームで遊ぶと人は仲良くなれるのか?
昨今、コミュニケーション・ツールとしてボードゲームが注目を集めています。当店のゲーム会でも初対面の参加者同士が、会が終わる頃には打ち解けあっている光景がよく見られます。 では、なぜボードゲームで遊ぶと人は仲良くなれるのでしょうか? その理由を5つ考えてみました。 ⒈プレイヤーの平等性 性別・年齢・職業・役職・国籍などに関わらず、一プレイヤーとして誰もが平等に打ち込めるのがボードゲームです。実人生での自分の役柄を一旦脇に置いておいて、一人の人間対人間で臨めるものだからこそ、信頼関係も生まれやすいと考えます。 2.物理的距離の近さ 人と人との間には適度な距離(パーソナルスペース)があるものですが、ボードゲームではその距離がぐっと近くなります。ゲーム中はこの"近い"距離感でずっと過ごすため、同席した人に対し、親近感を感じるようになります。"笑う角には福来たる"ではないですが、笑うから幸せが来るように"近いから仲良くなる"のではないかと想像します。 ゲームをする前の距離感 ゲーム中の距離感 3.共同作業による一体感 同じルールに沿ってゲームを進めることで、共同作業のような一体感が生まれます。誰かがルールをよく理解していなかったり、あるいはそれを守ろうとしなかったり、参加者の誰か一人でもそうした行動を取れば、途端にゲームの時間は壊れてしまいます。つまり、ゲームの時間というものは、無自覚であっても、参加者全員の協力のもとに作られています。 4.性格を知れる ゲームにおいて、あらゆる場面で選択が必要になってきます。この時、どんな選択をするかで性格を知ることができます。例えば、リスクが大きくても果敢に挑戦するタイプなのか、石橋を叩いて渡る堅実なタイプなのか、といった具合に。初対面同士でも、よく知る者同士でも、そうした性格が垣間見えるのは、興味深く面白いです。もちろん、ゲーム中の選択がそのままその人の性格だと断定はできません。ゲームだからこそ、普段の自分にない行動を選択することもあるでしょう。ですが、その選択も含め、その人の性格の一部であることに違いはありません。相手の性格を深く知れば知るほど、人は心を開きます。 5.失敗の共有 失敗を見せることで人は親しみを持ちます。バランスゲームでバランスを崩したり、戦略ゲームでその読みを間違えたり、ゲーム中に起こるさまざまな失敗と、それに対するその人のリアクションは、何よりの人間臭さであり、安心感につながっていきます。成功の共有体験よりも失敗の共有体験の方が記憶に残りやすく、連帯感を持ちやすいものです。 以上、ボードゲームで人が仲良くなる5つの理由を考えてみました。 つみきやでは、大人のボードゲーム部、ちょっぴり大人のゲーム会、子どもゲーム会と年齢別に3タイプのゲームが体験できる場を用意しています。皆様の参加をお待ちしております。 つみきや 大人のボードゲーム部 /blogs/event/ ちょっぴり大人のゲーム会・子どもゲーム会 /blogs/event/

その他のおもちゃ特集

初回会員登録で、カードゲーム3種類のうち1つプレゼント!
初回会員登録で、カードゲーム3種類のうち1つプレゼント!
コツコツ積んで目指せ世界一!高さ積みギネス世界記録の挑戦!
コツコツ積んで目指せ世界一!高さ積みギネス世界記録の挑戦!
なぜ、ボードゲームで遊ぶと人は仲良くなれるのか?
なぜ、ボードゲームで遊ぶと人は仲良くなれるのか?
あんなコトこんなコトありました  〜2017年まとめ〜
あんなコトこんなコトありました  〜2017年まとめ〜
←前の記事 おもちゃ特集一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる