スタッフブログ

6月のおすすめ絵本

文を生み出したルース・クラウスさんも、絵を描いたモーリス・センダックさんも、子どもの心を持った素敵な方たちなんだろうなと思います。 なぜなら”現実にないことを思い浮かべる”ことに長けている子どもたちの気持ちがわかるからです。 主人公の男の子がどんな子なのか、といった現実的な説明は一切なく、ただわかるのは、想像力豊かに空想できる子というだけ。 空想は、冒頭から始まります。 おふろばをそらいろにぬりたいな。 そう思ったのは、前に揺り椅子を空色に塗ったことがあるから。 そこから様々に想いが膨らんでいきます。 ”あたりまえ”や”普通(常識)”を基準にしがちな人には、ついていくのが難しいかも知れません。 でも、「いろいろあって、いいんじゃない?」「面白いね」と受け止められる人には、楽しい絵本だと思います。 自由に想像することで、まだまだ知らないこと、作り出せることがたくさんあると思えたら、世の中への希望が湧くと思うんです。 子どもたちには、ぜひ、そんな前向きな心持ちでいられるこの絵本をお薦めします。 「おふろばを そらいろに ぬりたいな」 ルース・クラウス 文 モーリス・センダック 絵 大岡信 訳 岩波書店 840円+税 4才〜

その他のスタッフブログ

福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
福岡県立図書館にボードゲームを寄贈
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
図書館とボードゲーム 〜ドイツの図書館見学レポートを交えて〜
久々の積み木イベント
久々の積み木イベント
スタッフ間勉強会「スギとブナの比較」
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる