スタッフブログ

7月のおすすめ絵本

度が過ぎた遊びだったから、マックスはお母さんから寝室へ放り込まれた。 マックスはその部屋を、森や野原に変え、波を出し、船を運んで来て冒険をはじめます。 さて、どんな冒険になるのでしょう。 文章は少なく、そのかわり、絵で語っているのでわかります。 例えば、”おおあばれ”している階段の壁には、一枚の絵が。 マックスの頭の中には、すでに怪獣の世界があるのですね。 子どもが一人遊びをしている時、その子の頭の中に、現実とは違うもう一つの、その子の世界が繰り広げられています。 そんな子たちには、この絵本はとても面白く写ると思います。 文章のない見開きいっぱいの踊っている場面では、頭の中で動画として写っていることでしょう。 音声付きでね。 もう一つ、この本で感じることがあります。 マックスを、寝室へ放り込んだ母親の愛情です。 怒って放り込んだけれど、お母さんはいつでも見守っています。 マックスのことを大事に思っています。 だってお腹が空いているだろうにって食事を用意しているんですから。 だってマックスの描いた絵を壁に飾っているんですから。 マックスだって、お母さんが自分のことを好きなのを感じています。 だから、悪かったなって思うだろうし、ありがとうって気持ちも湧くんです。(表情に、文章に出ていますね。) これら全部含めて、心で感じ取れる素晴らしい絵本だと思います。 ぜひ、子どもたちに出会ってほしい一冊です。 「かいじゅうたちのいるところ」 モーリス・センダック 作 じんぐうてるお 訳 冨山房 1,400円+税 

その他のスタッフブログ

アインシュタインも遊んだアンカー積み木
アインシュタインも遊んだアンカー積み木
遊び場での発見 〜おもちゃの固定観念〜 
遊び場での発見 〜おもちゃの固定観念〜 
つみきやの新店舗への道案内
つみきやの新店舗への道案内
遊び場の運用を試験的に始めます!
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる