スタッフブログ

3月のおすすめ絵本

フランスに住んでいるルイーズ・ボドさんには、ブラジルで爬虫類を研究している一人息子がいました。 ある朝、ボドさんのうちへ奇妙な箱が届きます。 開けてみると中にはへびが!!! 息子さんがボドさんの誕生日プレゼントに贈ったのでした。 ボドさんは、毒へびではないことを確かめると名前をクリクターとつけ、まるで子どものように可愛がりました。 例えばミルクを飲ませたり! セーターを編んであげたり! ほかほかのベッドを用意したり! ボドさんは学校の先生でしたので、クリクターを教室に連れて行くことにしました。 クリクターは、その長い体を使って文字や数を覚えます。 子どもたちと遊ぶのが大好きで、それだけではなく子どもたちのお手伝いもできる親切なへびでした。 ある日、ボドさんのうちに泥棒が・・・。 物音を聞いてクリクターが起きてみると、ボドさんが椅子に縛り付けられているではありませんか。 さあ、クリクターとボドさんはどうなるのでしょう。 ありえないところがまたいい、とっても魅力的なへびのクリクターのお話です。 「へびのクリクター」 トミー・ウンゲラー 中野完二 訳 文化出版局 1,000円+税 4、5才〜

その他のスタッフブログ

「さくらの大冒険」のアレンジルール紹介
「さくらの大冒険」のアレンジルール紹介
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし」vol.2】
つみきやのストーリー vol.1 開業のきっかけ
つみきやのストーリー vol.1 開業のきっかけ
創業29周年を迎えてのご挨拶
創業29周年を迎えてのご挨拶
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる