スタッフブログ

ボードゲーム のアレンジルール紹介 vol.8 「ナインタイル」

ボードゲーム のアレンジルール紹介 vol.8 「ナインタイル」


9枚のタイルをお題の通りにいち早く並べる「ナインタイル」(対象年齢:6歳~ プレイ人数:2~4人 プレイ時間:15分)のアレンジルールを紹介します。

 

アレンジルール


かんたんルール 4才~(通常ルールより易しい)

場のタイルを好きに使って、お題の通りに並べるルールです。

◆ゲームの準備
・場にすべてのタイルを適当に並べます。

◆ゲームの進め方
・お題カードをめくり、そのお題の通りに場のタイルを使って並べます。
・場のどのタイルを使っても良しとします。
・取ったタイルは裏返して使っても構いません。

◆ゲームの勝敗
・最初に決めた獲得枚数に一番早く達した人が勝ちです。

【面白さのポイント】
基本ルールでは限られた自分のタイル各9枚を使い、その中で裏表を入れ替えながら遊びますが、その
必要がなくなるため、難易度はぐっと下がります。2、3人での遊びにおすすめ。


かぶっちゃダメよ 6才~(通常ルールと同じくらい)


「せーの」でタイルを出して、他の人とマークが重ならないことを目指すゲームです。

◆ゲームの準備
・プレイヤータイル1セット(各9枚)を配ります。※通常ルールと同じ

◆ゲームの進め方
・プレイヤーは手持ちのタイルの中から他のプレイヤーに分からないように1枚を選びます。
・全員が選んだら「せーの」で場に出します。この時、どちらを表にして出すかは自分で決めます。
・場のタイルを見比べ、他のプレイヤーとマークが重なっていなければセーフです。
・セーフの場合、自分が出したタイルがもらえます。手持ちのタイルとは別にして置いておきます。
・もし2枚以上マークが重なっていたらアウトです。出したタイルは戻ってきません。
・このように9枚のタイルを1枚ずつ出していきます。

◆ゲームの勝敗
・9枚をプレイした時点で得点タイルが多い人が勝ちです。

【面白さのポイント!】
マークの種類は6種類。単純計算で確率は6分の1。でも、他のプレイヤーが何を出したか、全体にどのマークが多く出たかを考えることで、重なる確率を抑えることはできます。
2人で遊ぶ場合、逆にマークが重なることを目指すと良いでしょう。
2人の息がぴったり合うか、相性診断代わりになります。
9枚中3枚重なれば、相性はかなり良いと言えます。


タイムアタック 6才~(通常ルールと同じくらい)


時間を測ったり、時間制限を設けることでまた違った楽しみ方ができます。 例えば、5枚のお題をクリアするまでのタイムを競ったり、1分間でどれだけクリアできるかを競ったり。1人で遊ぶ場合、こうした時間を使った遊び方をすることで楽しくなります。

文章 津村修二(つみきやスタッフ)


その他のスタッフブログ

コロロ ステップアップ ガイドブック
コロロ ステップアップ ガイドブック
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.17】2024年3月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.17】2024年3月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.16】2024年2月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.16】2024年2月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.15】2024年1月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.15】2024年1月
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

企画/イベント

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々な企画やイベントを店舗とオンライン、メルマガで開催しています。お気軽にご参加ください。

すべてみる