子育て応援情報「つみきのき」

デザインの移り変わり

デザインの移り変わり

こんにちは、原田圭悟です。

勉強会ネタでラベンスバーガー社について話をしていましたが、色々新たに知って面白い内容でした。

・元は書店を引き継いで出版事業からスタートしたこと(だから、今もパズルとか紙系の素材のものが強いのか?)

・創業130年の超老舗企業であること

などなど、へーと思う内容でした。当店の仕入れ先であるニキティキのサイトに詳しいので、興味のある方はご覧ください

上記ページの中で、帽子取りゲームが1927年発売とありました。もうそろそろ100年に差し掛かろうかという、歴史あるゲームなんですね。

他にも、デザインが大衆に受けるためか、可愛らしい甘いデザインになっていく傾向が残念、という内容もありました。

この点は、私も同感です。当店の手元にあるサンプルは下記のものです。ニキティキのページの写真にあるものと絵の部分は同様であることから、おそらく発売当初のデザインなのかな、と推測します。

 

一方、現在販売中のパッケージはこちら

 

この商品は大きく変わっていない方ですが、それでもよくみると少し変わってますね。好みの部分もありますが、やはり姿勢としてはあまり好ましくないように感じます。

子どもが「可愛らしい甘いデザイン」が本当に好き、というよりは、大人の方を向いている発想だと感じるからです。

おそらく、購買を決定する大人が「子どもが好きそうなデザイン」として「可愛らしい甘いデザイン」をより選ぶ傾向がある。そのため、メーカーとしては甘いデザインを採用していく。そういう流れだと思います。

幼稚園、保育園で働く先生たちに、デザイン変更が残念な方向と嘆く声が多いのは、本質的には子どもは「可愛らしい甘いデザイン」を求めているわけではないことの証左ではないかと思います。

なかなか簡単ではありませんが、子どもの遊びにとってより豊かな環境とは何か、考える視点を持っていたいな、と思います。

その他の子育て応援情報「つみきのき」

樋口正春さんのご著書「子育てにおもちゃを」
樋口正春さんのご著書「子育てにおもちゃを」
デザインの移り変わり
デザインの移り変わり
楽しいことの効果
スタッフ間勉強会「おもちゃの安全基準」
スタッフ間勉強会「おもちゃの安全基準」
←前の記事 子育て応援情報「つみきのき」一覧 次の記事→

イベント情報

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々なイベントを、店舗やオンラインで不定期開催。お気軽にご参加いただけます。

すべてみる