スタッフブログ

1月のおすすめ絵本

昔から知られているロングセラーの絵本に「おおきなかぶ」があります。 小さな子どもたちは、じっと見入って聞き、もう一度聴いてみたくなる絵本です。 なぜならかぶが、あんまり大きいものだから、なかなか抜けてくれなくてやきもきするからです。 長くて太い葉っぱは、おじいさんが力を込めて引っ張っても、しなってびくともしません。 おじいさんはおばあさんを呼んだり、孫が手伝ったりして、動物も含め総出でとりかかります。 子どもたちは、何度も「うんとこしょ どっこいしょ」という掛け声を聞いては、自分も加勢しているつもりになって見ているのです。 最初から悪戦苦闘しているおじいさんを知っていますから、最初から見ている子どもたちは、見事に抜けた大きなかぶに、「良かったー」とほっとするのです。 幼い子どもたちが大好きな、繰り返しの言葉が、絵本をますます面白くしています。 簡単なストーリーに繰り返しの内容。 これはまさに、大人が小さい子どもたちに話して聞かせた昔話。 小さい子たちのためのお話です。 ロシアの民話、いかがですか。 「おおきなかぶ」 A.トルストイ 再話 内田莉莎子 訳 佐藤忠良 画 福音館書店 900円+税 3才〜

その他のスタッフブログ

コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.20】2024年6月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.20】2024年6月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.19】2024年5月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.19】2024年5月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.18】2024年4月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.18】2024年4月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.17】2024年3月
コラム【原田圭悟の「子育て、日々余裕なし 」vol.17】2024年3月
←前の記事 スタッフブログ一覧 次の記事→

企画/イベント

子育てを楽しもう!
悩みに寄り添います!

様々な企画やイベントを店舗とオンライン、メルマガで開催しています。お気軽にご参加ください。

すべてみる